アトピーと保湿

アトピーが起こる原因の一つとして乾燥があります。肌が乾燥すると痒くなりますし皮膚の潤いが保たれて刺激を受けにくくもなるのです。そこで、皮膚の潤いを保つため、保湿ケアをしっかりとすることがアトピーの治りを早くしますし予防にも効果があります。

セラミド皮膚の潤いを保つためには皮脂や角質細胞の脂質、天然保湿因子といったものが必要です。アトピーになるとこれらの物質は不足してしまいます。その中でも特に重要とされているのがセラミドです。セラミドは肌の細胞脂質間の主成分です。アトピーになると健康な皮膚よりもセラミドが不足しており、肌の水分も失われますし、バリア機能も低下してしまいます。そこで保湿をするにあたってはセラミドがしっかりと配合されているものを選ぶようにしましょう。

セラミドが配合されている化粧水を選べば必ずセラミドが肌に補えるわけではありません。セラミドの中でも人間の皮膚にあるものと近いものである人型セラミドや天然セラミドといったものを選ぶと同じ構造であるため効果が出やすいです。ただ、セラミドを配合するときには界面活性剤が配合されており、人によっては刺激が強いこともあるので先に少しだけ塗布して肌に負担がかからないか確認して使うようにしましょう。

≪参考リンク≫アトピーのスキンケア

Top