肌表面の保湿

アトピーの際に必要な保湿は肌の中の水分量をしっかりと保湿すること以外にも肌表面の保湿も必要です。肌の表面をしっかりと保護して保湿をするタイプの保湿剤を用いることで肌表面の補修をすることもできますし、肌の中にある水分を逃がさない効果と肌の内部へ異物が侵入することも予防することができます。

保湿肌の表面を保湿するのに効果があるとしてよく用いられるのがワセリンです。油分でふたをして水分を逃さなくするという効果があります。刺激も少なくローションタイプやクリームタイプと種類も豊富なので自分の使いやすいもの、肌の状態にあったものを選ぶことができるのも便利です。そしてドラッグストアでも購入することができてリーズナブルであるため気軽に塗布できて効果が得られるという点でもメリットが高いです。

ただ、一つ気を付けるべきこととして肌の保湿のためにワセリンを塗布することは良いのですが、きちんと洗い流すことも重要です。アトピーが出ていると肌を洗う際、炎症が起きないようにとか皮脂が取れないようにとか考えて石鹸で洗わない人もいますが、汚れが残ることもアトピーの原因となります。そこで、石鹸で洗うことも必要です。しかし乾燥や炎症予防のためにもたくさんの泡で優しく洗うようにしましょう。また、洗い上りはしっかりと化粧水やワセリンで保湿をしましょう。

Top